* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 110ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2005 年 5 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

2005 年 6 月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.292 [ 2005-06-14 ]

着々と

夫の新しい仕事が、着々と進みだしている。
今までの仕事もやりながらなので、忙しくなってきた。

きょうは、店舗改装の見積の打ち合わせ。

同じ会社で働く私たち夫婦なのだが、仕事場や仕事の内容がお互い違うので、今までは家に帰ってからほとんど仕事の話をしたことのない生活だった。

が、ここんところ違ってきた。

同じ目的を持ち、その中でお互いが発揮できる仕事をし、将来のビジョンについてよく話すようになった。

私の頭の中から、次々とアイデアが浮かんでくる。
不思議でしかたない。

夫は夫で、とてつもなく大きな心で、しっかり前を向いて歩いている。
ありがたくてしかたない。

この仕事が成功したら、既に次に進む道がしっかり決まっている。
楽しくてしかたない。

しかも、私は夫の後ろに付いていく態勢だから
楽でしかたない。

私の才能が生かされる場所がまた一つ増える。
楽しみでしかたない。





No.291 [ 2005-06-13 ]

1円玉くん

きょう、スーパーのレジで1円玉を落とした。
「あっ!」
レジ台の下に入ってしまったけど、ちょっとしてからコロコロっと転がって出てきた。

思わずその1円玉に笑って、「ありがとね、戻ってきてくれて」と言ってしまった。
誰か見てたら、ちょっと引くよね。

そんなことしてる自分にも驚く。

お財布に戻った1円玉は、5円玉と10円玉と50円玉と100円玉と千円札と一万円札に、きっと伝えてくれただろう。

『ねえねえ、みんなぁ。この人さあ、1円玉の僕が戻ったら、めちゃくちゃいい笑顔で笑ってくれて、しかも「戻ってきてくれてありがとう」ってお礼まで言ってくれたんだよ。この人とってもやさしい人だから、みんなも必ずこの人のところに戻って来てあげてね』ってね。

こうして、寿美加さんのお財布は、使っても使ってもお金がやってくるお財布になっていくのでしたぁ。

しょ~もない事を楽しんでいる寿美加さんです。





No.290 [ 2005-06-08 ]

よかったね

母が、大けがをした。
救急センターに運んだ。

膝の靱帯を痛めて歩けない。
ぶっとい注射の一本分、膝から血を抜いた。
松葉杖の生活が始まった。

私はひたすらプラス言葉で話した。

「よかったね、仕事が忙しい時期でなくて」
「よかったね、一生に一度でも松葉杖を使うことができて」
「よかったね、これから松葉杖をついている人に、やさしくなれるような人間になれて」
「暇さえあれば、『膝さん、治ってくれてありがとう』って何回も言ってね」

病院で1時間以上、見方道のはなしをした。
母は、とても素直な人なので、笑顔で私の話を聞いていた。
見方道が少しずつ母に伝わっている。

よかったね、よかったね、命奪われたわけでなし。
よかった、よかった。





No.289 [ 2005-06-06 ]

一歩を踏み出そう

     「やってやれないことはない。

       やらずにできるわけがない。」

   チャンスが訪れたら すぐに動き出せる心の態勢を作る言葉

   最初の一歩が 軽やかになる言葉

   チャンスを確実につかみとる言葉
 
 

 寿美加さんは、こう見えて 石橋を叩いて渡るタイプなんです。
 結構 最初の一歩に迷いが出るタイプ。  
 
 けどね。一度決めたら ものすごいパワーで動くんだ
 その時の私の口ぐせ
 「寿美加さんに できないことはない」
 
 社会人になってから いつもそう思って生きてきた
 そして、またいつものように そう思えばいいだけなんだ
 
    





No.288 [ 2005-06-05 ]

太陽

本屋さんへぶらっと足を運びました。

そしたら、今の自分にとって必要な本に出会いました。
2種類の本ですが、気に入った格言をご紹介していきます。


   太陽になって キャンドルサービスしよう

   自分の光を分けて 相手に灯りをともす  
 
   灯りは次々に増えるが

   あなたの光は、分けても減ることはない


寿美加さんのとりえは、明るいところです。
寿美加さんの笑顔が、太陽となってみんなに光を分けてあげる。
そして、寿美加さんの周りはどんどん明るくなっていく。
明るい波動が連鎖する。
なんてしあわせなことだろう。




168ページ中 110ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.