* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 127ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2004 年 8 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

2004 年 9 月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.207 [ 2004-09-10 ]


昨日、ある方から「栗おこわ作ったので食べます?」という連絡が入りました。
もちろん『はいっ! ↑(^^_)ルン♪』って感じでいただきました。

見た目だけでもおいしそうで、しかももみじの葉っぱまで入ってた。

すっごいなぁ・・・・。

家族4人、おいしくちょうだいいたしました。

私にできないことをする人は、すべて尊敬する。

ず~っと昔の日記に書きましたが、私は仕事か家庭かどちらかひとつしかできない人らしい。
主婦だけしてたら、それはそれでちゃんとしてたんだろうかなぁ。
栗おこわだって作っちゃう人になってたかも!

あ~。
もう秋なんですね。





No.206 [ 2004-09-07 ]

友人


中学時代からの友人から電話が入りました。

「ねえねえ、寿美加ってさぁ、野球部の大矢君って知ってる?」
『知らな~い。』

「まあ、知らなくてもいいんだけどぉ~。大矢君が知立で病院開くんだって!」
『ふ~ん・・・・。(-.-)』

「それで開業にあたってパーティ開くらしいんだけど、行かない?」
『パーティ? (;´_`;)・・・・』
出ました。寿美加さんの究極の出不精。

「誰が集まるか全然わかんないいんだけど、二人でだべってればいいでしょ?」
『う~ん、いいけどぉ。大矢君ねえ~。誰?それ!(@_@)』

「真由美も来るし、ふうこも来るし、あんたさぁ、たまには生き抜きせんと、ばばぁになるよ。」
『そうだねぇ~(--;)』

「場所も会費も知らんけど、いいでしょ?行こうね!」
『店行ってスケジュール見て、行けたら行くわ』
「やったぁ~。じゃあ。時間とかメールするね。」

彼女の迫力に押されてしまった。
私は人見知りが激しいので、あまりそういう場所へ『行く!行く!』って気にはならない。
お酒も飲めないし、盛り上がりに乗るのヘタだし。

でも、せっかく誘ってくれたから、行こうかなぁ。
付き合いは大事だもんね。∝∝∝∝∝=(--#





No.205 [ 2004-09-05 ]

おみあげ

留守番隊として、4件の婚礼を頑張って終えてくれたスタッフに一人ずつおみやげを渡した。

「あなたが頑張ってくれたから、私も行けたのよ!ありがとね!」のコメント付きで。

『え~!』とか『きゃ~!』とか、うれしそうに笑って受け取ってくれたり、目を真っ赤にする子もいた。
そして『うれし~。もったいなくて使えません。』と言ってくれた子もいた。

み~んなかわいくってしょうがない!

私はみんなを必要とし、みんなは私を必要としてくれている。
こんな幸せなことはないね。

おっと!
忘れちゃいけない。書き忘れるとこだった。

一緒にオーストラリアに行ったスタッフ5人、現地で本当によく動いてくれましたね。
みんなが頼もしかったです。
出番10分前のけたたましい忙しさ、あれって最高だよね。
日頃の仕事では絶対味わえない。
みんなの顔がカッコよかった。

そして、他の先生方にあなたたちの事、いっぱい誉められました。
すっごくうれしかったよ。

み~んなだ~いすきだよ!





No.204 [ 2004-09-04 ]

日々

オーストラリアから帰ってきてから、落ち着く間もなく毎日忙しい日々を過ごしております。
1日に帰国後、2日前撮り、3日前撮り、4日朝7時より婚礼、明日も婚礼、ってな調子です。

忙しいのは性に合っているのでよいのですが、家に帰るとまたひと仕事あるので、それなりには動くのですが、はかどりません。

月曜日、晴れてくれないかなぁ?
張り切って、かたずけないと・・・・。

ここんところ、忙しい日々でしたので、月曜日はちょっと気分転換でもしようかと思ったのですが、やっぱ家事に徹することにしました。

オーストラリアの写真も整理しないといけないし。
弘法さんにお礼参りもしなきゃいけないや。





No.203 [ 2004-09-02 ]

たっだいまぁ~!

ただいま~。
昨夜、8時に自宅に到着しました。

とてもとてもハードな旅でしたが、なぜか疲れてません。
今日、既に前撮りの仕事をしました。
それとも何日か後に来るのかしらん。

案の定、オペラハウスでのショーは大成功でしたよ。
2700名収容の会場なのですが、チケットを300枚増やし、3000枚のチケットがはけたそうです。

オーストラリアに着いて少しだけ市内観光をしましたが、すぐリハーサルをしました。
夫が現地スタッフと進行しました。
音楽に合わせてみんな歩くのですが、どなたも緊張顔。
たった1回のリハーサル。

2日目は30分だけリハがあるだけで、すぐ本番でした。
みんなちゃんと歩けるかそれだけが心配でした。
なんせ、初めてモデルをする人ばかりでしたから。

大先生の英語でのスピーチがショーの始まりです。

スピーチを終えて、上手(かみて)のそでに帰ってくる大先生にみんなが抱きつきます。

さあ、始まりです。
音楽が流れ、お宮参りのモデルが歩きます。

それをそでで見ていた三重県の先生が、泣きながら私の手をぎゅ~っとにぎって「寿美加さん!ありがとね。よくここに連れてきてくださったね。こんなすばらしい舞台に立てるなんて信じられへんわ~。ほんとありがとね。」と何回も何回も強く握手した。
私も、泣きそうになった。
けど、たった今始まったばかり泣いてる暇が私にはなかった。

娘の出番には、心配はしなかったが、私は客席から娘がどんな風に歩いているのか見たくてしかたなかった。
結局全く見ることができず後日届くビデオを楽しみに待つことにする。

いよいよ、大先生と私の出番。引き抜きという技術をする。
全然緊張もせず、楽しくってしょうがなかった。
みんながちゃんと歩けているのか気になって、緊張している暇がなかったの
だ。
引き抜き大成功!すごい拍手が聞こえてきた。

最後のフィナーレでは、技術者とモデルが全員歩くのだが、本当に華やかですばらしかった。
拍手がなりやまなかった。

終わった~。
終わってしまった。
明日から私はなんの目標を持てばいいのだろうと既に思っていた。

みんなの顔は満足感と充実感と達成感と感動に包まれていた。
そんなみんなを見て、私は幸せ感を味わっていた。

大先生の作品が完璧になるよう、私はここ何ヶ月間一生懸命準備をしてきたがそれを大成功させることもさる事ながら、参加された大勢の人たちに「来てよかった!」と思って欲しいという使命感が私にはあった。

だから、みんなの顔を見てその答えを感じて、私は救われた。
いままでの努力が実になった。
この日のために、この瞬間のために、この感動を味わうために頑張ってきた。

北海道や四国から参加してくれた先生たち総勢39名!
みんながんばりましたぁ~。

こんないい仕事、辞められまへんなぁ~。

追伸。
日通の添乗員、篠田さん。
本当にお世話になりました。
ご迷惑お掛けしましたが、お許し下さい。
今度はニューヨークにしませんか?

オーストラリアスタッフのヒロさん、ガイドのヒデさん。
ほんとありがとね。
とっても重たい荷物運ばせちゃってごめんね。
めちゃくちゃ助かったよ。
一緒に感動してくれてありがとね。
鳥肌まで立ててくれてありがとね。
和装のすばらしさを知ってくれてありがとね。

留守番隊のスタッフ、よく頑張ってくれたね。
あなた達のおかげで私たちは何も心配することなく行く事ができました。
あなたたちも私の誇りです。
ほんとありがとね。




168ページ中 127ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.