* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 131ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2004 年 5 月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     

2004 年 6 月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.187 [ 2004-06-28 ]

6月終了

あっという間に6月が終わろうとしている。
1年の半分が過ぎてしまったのだ。

な~んも変わっていない自分にため息をついてしまいそう。

娘たちは新しい生活(新中学生と新高校生)にすっかり慣れてきたようだ。

長女の高校は遠いので、朝家を6時50分に出ていく毎日なのだが、それも慣れてきて一安心。
楽しい高校生活をエンジョイしている様子。

次女は中学になって初めて自分の机で勉強するようになった。
中間テストや期末テストの期間は、ず~っと部屋で勉強している。
小学校の時の彼女からは、ありえない行動で、また少し私から自立していった。(今までは私のいるところでしていたから)

娘たちはどんどん進化?していくのに、私は母として進化しつつも娘たちの進化のスピードについて行くのにゼイゼイ言っている。

あのチビが「パパって本当に子供だね」と言うようになったのだから・・・。





No.186 [ 2004-06-27 ]

別れ

きょうスタッフ1名が退社した。
理由は結婚、それに伴い大垣に引っ越すから。

別れはいつもいやだ。
いくらおめでたい結婚が理由でも、やっぱいやだ。

彼女は私が、将来を期待していた子の一人。
着付けのメンバーなのだが、いつか二人で出張ができたらいいなあと私は勝手に思っていた子。
とてもいい子だから、いい助手になれると思っていた。

なのに、突然結婚となった。
しかも遠い大垣に連れて行かれる。(?)

きょう挨拶に来てくれた。
そして二人で泣いた。

女はたいへん。
結婚とか、妊娠とか、出産で人生が左右される。
大好きでやりがいがあってがんばっていこうと思っていた仕事も辞めなければならない。

私もそうだった。
毎朝7時に家を出なくては名古屋の千種区まで通えない。
出産を期に8年頑張ってきた仕事を辞めなければならなかった。
結婚して3年、頑張って続けた大好きな仕事だった。
仕事を辞めるのには、かなりの勇気?決断?がいった。
大げさに聞こえるかもしれないけど、当時の私はそうだった。

月に一度の、東京や大阪の出張や残業を必要とする仕事は、やっぱどう考えても無理だった。
あと数ヶ月もすれば、2度目のフランス研修に仕事として行けたのに。
輝かしい(今だからそう思うのかもしれないが)仕事生活を出産という理由で捨てた。

彼女もそんな私のように思ったから泣いたのかなぁ。

え~~い。しあわせにならんと絶対ゆるさんぞ~。
けど、ど~してもうまくいかんかったらいつでも戻っておいで。
そうならんよう祈るよ。
お幸せに。結婚おめでとう。





No.185 [ 2004-06-14 ]

ええ天気やのぉ~

休日に、お天気がいいのはほんとありがたい。
シーツからカバーから、何回もお洗濯をした。
もちろん、おふとんも干した。
天気で、なにがうれしいってこれらができるのがめっちゃうれしい、しあわせ。

ぜ~んぶ、し終わってお昼になって今日記を書いている。

パソコンの机の真ん前は、大きな窓なので庭を見ながらキーを打っている。
とっても静かで落ち着く。

朝、子供が残したパンを庭に置いたら、今すずめがたくさんやって来て一生懸命食べている。
チュンチュンと、なにかしゃべりながら。

いい季節だね。家の中はすずしくて、外はおふとん干すのに最高の天気。
一年中こうだといいのに。

ぼ~っとして一日が終わる。
ここに座っていると動けなくなっちゃうよ。
やることいっぱいあるのにね。
ほら、またすずめがやって来た!





No.184 [ 2004-06-12 ]

ショッピング

仕事が終わると大急ぎで家に帰った。
娘たちも学校から大急ぎで帰ってきてる。
3人で大急ぎで着替えていざしゅっぱつ~。

きょうは、レインボーホールにてお買い物。
あのでっかいホールに、洋服が所狭しと置かれている。
次女は、はじめて行ったので「わ~」って声を出して驚いていた。

とにかくすごい人なので3人がはぐれないかと、私の心配をよそに娘たちはそれぞれほしい洋服を探し歩く。
「もしはぐれたらあそこで集合ね。」と約束して私も自分のほしい洋服をめざす。

長女はもう何回も行っているので手慣れたもんであっという間におおきな袋がいっぱいになっていた。
日頃、勉強するときしか絶対しないめがねを持ってきていて、「ちゃんとめがね持ってきたもんねぇ」(よく見えるように)
と気合いが違う。

一人一応10着まで。
疲れたぁ。
娘たちは、楽しかったぁと一言。
駐車場まで歩くのに手が赤くなるほどたくさんの洋服を買った。

家に着くと、3人でファッションショーをした。
夫に、一枚一枚着ては見せ「ねえ。かわいい?」とひとりひとり代わる代わる聞く。
そのたんびに、夫は一回ずつにっこり笑って『うん。かわいいよ』と答える。

どれぐらいの時間続いたのだろう。
『いつになったらパパの洋服がでてくるのかなぁ?』
3人が目を合わせて、にやっ!とする。
結局いつまでたっても夫の洋服は出てきませんでした。あはっ。





No.183 [ 2004-06-08 ]

弘法さん

きょうは休日で、しかも弘法さんだったので一人ぶらっと行って来た。
『弘法さんの日』に行くのは何ヶ月ぶりだろう。

とても運がよく、本堂で般若心経のお経が始まるときにお参りができた。
ありがたいなぁと思い、それが終わるまでず~っと手を合わせていた。

本堂の裏手におられる見返り弘法へいつものように歩く。
行き交う白髪のおじいさんをたくさん見て、さらに見返り弘法の大きな御大師様が目にはいると、涙が出てくる。

あの真っ直ぐな道を歩きながら、なぜ隣りに父がいないのだろうと涙が出てくる。
生きている間になぜ一緒に来なかったのだろうと涙が出てくる。

父が亡くなってから、私は涙もろくなった。
父のことを思い出さない日は一日もない。
父が生きてる頃より、父が私のそばにいる。

「弘法さんに来ましたよ。私と一緒に歩いていますか?」




168ページ中 131ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.