* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 151ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2003 年 6 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     

2003 年 7 月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.87 [ 2003-07-26 ]

衣装選び

きょう、母と新幹線に乗って、ある衣装屋さんに行って来ました。

8月7日に東京で撮影があるので、衣装を探しに行ったのです。

「はなよめ」という雑誌の撮影です。
全国の美容師さんたちが見る雑誌です。

母はいつもこの仕事に命を懸けます。
雑誌社から仕事の依頼の電話が入ると、とても喜び、はしゃぎます。
そしてすぐさま、モデルの手配をします。
モデルが決定すると、その子に似合う衣装選びに入ります。
衣装選びも全く妥協しないので、一件で決まらないときがあります。

きょう行った衣装屋さんの社長に私は初めてお会いしました。
1時間ほどいた頃でしょうか、その社長が私に「あなたは一人でなんでもやっていくタイプですね」と言われました。
なぜそんな風に見えるのでしょうか?
人相ってやつでしょうか?

ほんとうはそうではない人なのになぁ・・・。
まっ、そういうことは夫と娘だけが知っててくれればいっか。

撮影楽しみだなぁ~。すご~く大変だけど。





No.86 [ 2003-07-24 ]

前撮り

先日13日の日記の「日本髪かつら」に登場されたかたが、きょう前撮りをされた。

彼女はきょうワクワク、ドキドキして来店してくれたそうです。
それを聞いた私は、「絶対かわいくするぞ」と意気込みました。

お父様がカメラマンとして来られたので、パパっ子の私は、娘を持ったしあわせを実感していただこうと張り切りました。

あんなに似合わないと思ってらしたかつらが、ほんとうにかわいくて、すごく似合ってて、私まで楽しくてうれしくて・・・・。

きょうは、どれほど喜んでいただけたかしれません。
「先生に当日も着るように勧めていただいてほんとうによかったです。
すごくうれしいです。当日が楽しみでしかたありません。みんなに見てもらいたい。和装をやってほんとうによかった。」とにこにこ顔でおっしゃってくれました。
私はこういう言葉がほしいだけで、一生懸命仕事をしている。

私にも、いとおしい娘がいるから、花嫁はみんなかわいく作りたい。
女の子に生まれてきてよかったと実感してもらいたい。
女の子を授かってよかったと実感してもらいたい。
私の仕事はただ花嫁を作るだけではないのだ。





No.85 [ 2003-07-24 ]

梅雨

なかなか梅雨が明けませんね。

うちでは、この頃、晴れると樫の木からセミの声が聞こえます。
私は虫が大の苦手なので、なにゼミかわかりません。

何年か前、義兄の息子二人が、義母の家の網戸にずら~っとセミを何十匹と並べて遊んでいました。
みんみんうるさいのと、いつ私に襲ってくるかと思うと生きたごこちせず、夫に「早く家に帰りたい」とだだをこねた覚えがあります。

あの時ほど「私は息子は絶対いらない!」と思ったことはありません。

でも、不思議なことに、家の樫の木で一生懸命鳴いてるセミの声を聞くと、夏らしくていいもんだなあ、と思えます。

庭には、花がいっぱいなので、幾種ものちょうちょもやってきます。

残り物のご飯も庭に置くので、ハトやすずめたちもたくさんやってきます。

この間はすずめの団体さん12羽がやってきました。
私は思わず「ゆっくり食べてってね。けんかしたらいかんよ。」と窓越しに話してます。

うちのたろうは、子供の頃、だれかが(生き物)来るたびに吠えてましたが、今ではねこ以外はじっと見守っています。

虫も鳥も、私の癒しです。
近寄らなければですけど・・・・。





No.84 [ 2003-07-19 ]

自慢話PART2

先日、えりなの自慢をしたので、きょうはまりなの自慢です。
平等に育てないといけないからねぇ。

まりなはただ今、15歳、中学3年生。花(?)の受験生です。
彼女は部活で【弓道】をしています。
きょうはその大会がありました。
めずらしく挙式がなかったので、2時間ほど試合を見に行って来ました。

彼女の胴着を来た姿を初めて見ました。
自分でじょうずに着れるんですね。帯も袴も。
すごいなあ。
たったそんなことでも感心してしまった。

弓道ってかっこいいんですね。
彼女の真剣な顔を見たけど、美しかった。
ものすごい親バカ。

8月1日は県大会なのですが残念ながら私は見に行ってあげられません。
きょうは私にとって最初で最後の日、だからどうしても見に行きたかったんだぁ。

ついでにまりなの「あこがれの君」まで見てきました。
違う中学なので、試合の時しか会えないあこがれの君。
めっちゃ、ハンサムだった。背も高くて。
なんだかうれしかった。好きなタイプが私と一緒で。

「ママぁ。まりなの好きな人どの人かわかるぅ?」
『うん。わかるよ。あの人でしょぉ~』

「きゃぁ~。なんでわかるのぉ?」
『そりゃぁ、わかるよ。ママだもん。ってかママもタイプ。』

「かっこいいでしょぉ。」
『うん。すごいかっこいいね。』

って私は何しに行ったんだろう???





No.83 [ 2003-07-18 ]

なつやすみ

もう、あすから夏休みなのですね。学生さんたちは・・・。

私の小学生時代の夏休みの過ごし方は、両親が共働きでしたので、妹といつも遊んでいました。

けどほとんど毎日男の子3,4人が家に遊びに来るので、自転車に乗って、みんなで毎日市民プールに遊びに行ってました。

山田君、佐伯君、荒川君、石井君。
山田君はシャイな子で、佐伯君はバイク事故で亡くなり、荒川君はスポーツマンで、石井君は八百屋さんの息子だった。

その頃から、私は少年のような性格だったのです。

中学時代の夏休みは部活で過ごし、高校時代は何をして過ごしてたのか記憶にない。

短大時代の夏休みは、アルバイトしてお金を貯めて、友達と東京へ洋服を買いに行ってた。
これは夏休みだけでなく、ゴールデンウィーク、冬休み、春休みも行ってたけどね。

原宿なんて裏通りも制覇してた。
あまりにも買うので持ちきれず、コンビニへ行ってダンボールもらって宅急便で自宅へ送る。

ほんと楽しかったなあ。
かわいい女の子(?)が二人でおしゃれして歩いてるから、雑誌社に写真撮られたこともある。

学校へは毎日おしゃれして行ってたよ。

こんなこと書くと、どら娘に思われるけど、こんな私でもちゃんと教育実習しに高校へ行ったのよ。
高校2年生を担当しました。

これも良い思い出。
なんの教科で教育実習したと思う?
当たったらすごいな!

社会人になってからの夏休みは、毎年海外に行ってた。
いろーんなとこ行ったよ。

こうしてみると、私の青春時代、まんざらでもなかったね。




168ページ中 151ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.