* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 153ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2003 年 6 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     

2003 年 7 月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.77 [ 2003-07-10 ]

さらなる前進?

大きな仕事も終え、心身共に元に戻った今、次なる仕事が待っていた。

先日の日記に書いたが、鬼頭美佐子は「美さこ会」という組織を持っている。
そのため、私たちの仕事は知立セントピアホテルの挙式だけではない。

7日の厚生年金会館では、来年度2004年の成人式で全国の美容師さんたちが結ぶ帯結びの発表会だったのだが、次なる仕事とは、7種類ある帯結びを営業で結びやすくアレンジし、その結び方のテキストを作るのだ。

テキストが完成すると、それを販売し講習する。
美さこ会が主催する講習会場は、知立はもちろんの事、名古屋、三重、静岡、浜松、徳島、松山にて美容師さんたちを集めて行う。

このテキストづくりがまた大変な仕事。
・どの帯結びをどのようなアレンジにするか(最低6種作成)
・とにかく簡単に結べてステキな帯結びにする
・帯結びが決定したらその結びに似合う帯を探す
・選んだ帯でその帯結びができるか帯の長さ、堅さを一度結んで調べる
・OKならそれに合う帯枕、帯揚げ、帯締めを探す。NGがよくある
・すべて揃えたらきれいにボディに着せる
・帯の結び方が初心者にもわかりやすいように行程を細かくデジカメで撮る
・撮った写真を印刷したら一コマずつ説明の文章を考える
・文章が印刷されると表紙のデザインを考える
・以上でできあがり!ふぅ~
大変そうでしょ~。
がんばって毎年作ってんのよぉ~。
各係りがあるからまだいいんだけど、こんなめんどくさいこと母と二人じゃできないよ。
ちなみに私の仕事はなんだと思う?





No.76 [ 2003-07-08 ]

大成功!

7月7日の舞台、大成功に終わりました。
開演は13時30分だというのに、8時30分からモデルさんのメークが始まりました。
顔がかわいくて、スタイル抜群で天は二物を与えるのですね。

毎年のことですが舞台の仕事はほんとうに大変。
入場料5000円払って見に来られる人たちはみなプロ。
着付けをする美容師さんたちだから、厳しい目がある。(1666席満席)

美さこ会(鬼頭美佐子主催)の会員のなかには四国から見に来てくれたかたもいる。
たくさんの方たちの期待に応えようと一生懸命がんばる母。
メークは私もしたが、舞台メークとなると、日頃しているメークとはわけが違う。
遠く客席から見てもきれいで、近く隣りに来て写真を撮られてもきれいな遠近両用メークのわざが必要なのだ。
私は楽しくて仕方なかった。(母に申し訳ないくらいに・・・)

着付けはミリ単位の仕事を要求されるので神経をかなり使う。
中心が1ミリ違っただけで母はだめだしを出す。
その時の私の怒られ方はハンパじゃない。    
ミリの確認を必要とされる箇所はやたら多い。

一人着付けするだけで母の神経はくたくたになる。
そんな時に母の気持ちをリラックスさせるのも私の仕事。
時計を見ては時間の確認をするのも私の仕事。
暑くはないか、のどはかわいてないか、なにか食べたいか、母自身が着物を着る時間を早すぎず遅すぎず見計らうなども私の仕事。

私は母と違うところでかなりの神経を使う。
しかも技術をしながら・・・。

そんなこんなでショーは始まりましたが、感動で泣いてしまいました。
顔なじみの美容師の先生たちに会うと先生たちも泣きながら私と手を握る。
そばにいたスタッフも感動で泣いている。
初めて見に来たある先生の息子さんは「鬼頭先生!僕、感動で涙が出ました。」と言ってくれた。

母の舞台での挨拶は本当に泣けた。
父の事がでたから。7月7日は父と母の結婚記念日。
父に見せてあげたかったなぁ。
「あなたの妻は頑張りましたよ。すばらしい仕事をしましたよ。あなたのことを思いながら・・・。おかげさまで大成功しました。守ってくれてありがとう。結婚記念日おめでとう」





No.75 [ 2003-07-03 ]

もうすぐ舞台

7月7日に母、鬼頭美佐子が舞台に立つ。
場所は池下の厚生年金会館大ホール。
きょうは最後の追い込みで最終チェックを二人で朝からした。

大きな仕事をするときは、いつもとりあえずモデルを決める。
モデル会社から送られてくる、顔と全身の写真のカタログを見てピックアップする。
母と私は顔の好みが似てるので決めるのに時間はあまりかからない。
着物のモデルなので身長は167センチまで、けど大きな舞台なので165センチは最低ほしい。となると限られてくる。そして胸やお尻の小さい子。

笑顔がじょうずか、歩き方はじょうずか、堂々とそれでいてお品よく自分を表現できるかなどと私たちの要望は限りない。

次に着物選び、そして帯、それらに合う帯揚げ、帯締め、半襟、帯飾り、髪型、髪飾りと決めることは山ほどある。

帯揚げ一枚選ぶにも母のコレクションのなかから(100枚以上はある)とりあえず数点選び、実際にきちんと着付けをして何回も結び直して一番合うものを選ぶ。
帯締めも同様。
母のコレクションで蔵が建つくらい。(あは!大げさかも)

完全に決定するまで1ヶ月ぐらいかける。
そして、きょう「これで完璧!」というものができた。
ここまで来ると早く7月7日が来ないかなぁと思う。
大成功してる姿が私にはすでにイメージできるよ。

追伸。この舞台に私もモデルとして立ったんだよ。
23歳の時。自分で言うけどあの頃はキレイだったんだよ。
疑ってるでしょぉ~。




わっかるかな~?

寿美加さんだよ



No.74 [ 2003-07-02 ]

折り返し地点

きょう、7月2日は一年の折り返し地点になるそうです。
早くも、もう、半分過ぎちゃったのですね。

みなさんは、過ぎた半分の時間、充実してましたか?
私の周りには、楽しい思い出を作った人、幸せな出会いをした人、一生懸命仕事をした人、家族を増やした人、新しい事に挑戦した人がたくさんいます。

でもこの私ときたら、風に吹かれるまま身を任せた日々でした。
初めて味わう深い悲しみと、言いようのないむなしさと、痛いほどのせつなさと、誰にもぶつけられないくやしさで押しつぶされそうな毎日を過ごしてきました。そして今なお、まだ引きずっています。
   かなしくて、かなしくて・・・
   むなしくて、むなしくて・・・
   せつなくて、せつなくて・・・ 
   くやしくて、くやしくて・・・
   心に大きくポッカリあいた穴を
   この先どうやって埋めていけばいいのだろう???
なんて毎日もがいておりました。

ただ、ありがたいことに、私の仕事はいやがおうにも、人を楽しくさせなければいけません。
父が亡くなったからといって悲しい顔はできません。
仕事をしてる最中は、元気が出ました。
そのおかげで、私の体はなんとか正常に保たれておりました。
もう、元の私に戻ることはできないけど、ゆっくりゆっくり時間をかけて偽りのない元気を取り戻そうとしています。

私の周りにいてくれるたくさんの方にあらためて感謝です。





No.73 [ 2003-07-01 ]

満漢全席

きょう、セントピアホテルの大宴会場でお食事会があり、150名のお客様が集まりました。

【満漢全席】というもので、究極の中華フルコースを、わたくしも堪能してまいりました。お一人様18,000円なり。

最初に老酒が出ました。老酒は樽の中で熟成されるのですが、今日いただいたものは5年物で瓶樽を割る演出からありました。
お酒の弱いわたくしは、「うわぁ~。くるねぇ~」と言いながら三口ほどいただきました。

お料理は全部で28品。
漢の淮南王が作ったといわれるお豆腐や、楊貴妃の大好物だったライチのなかに豚肉が入ったものや、ふかひれ、烏骨鶏、牛のアキレス腱、上海ガ二、つばめの巣などなど。
お肉以外はぜ~んぶいただきました。
「ふ~。これでまた1キロ増えたわん。」
 
でも、しあわせな一日でした。




168ページ中 153ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.