* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 37ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2008 年 8 月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

2008 年 9 月
 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
    

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.657 [ 2008-09-04 ]

ニュージーランド 5日目

朝5時半に起きました

【ワイポウア森林保護区観光】

東京~大阪の距離をバスで往復走る12時間の旅


行くまでの景色のステキな事・・・

日本でこんな景色見られるかなぁ???


ひたすらひたすらバスは走るのだが、ただただ草原ばかり

牛が、羊が、かわいらしい家が、
それしか見あたらない。

羊の子供が生まれたシーズンだったこともラッキーだった。
親子と一緒にいる赤ちゃん羊のかわいいこと

思わず 
「高木さ~ん!
すみませ~ん!
羊の赤ちゃんと一緒に写真撮りたいんですが、どこかでバス止めてもらえませんかぁ?」

と、ずうずうしくお願いした。

単独旅行のなせるワザ
ダメもとで質問した。

『ここら辺は、バス止める所ないんですよぉ』

「・・・・・・」

あきらめた。



けど、高木さん、
私が恐かったのか?(そんなことはない・・・・はず・・・・)


いい場所見つけてくれた。


みんなキャァキャァ言って喜んだ。


うひょぉ~~~~~~~~~~

羊の親子写真ゲッ~~~~~~~~~~~~~ト



「寿美加先生が、お願いして下さったから、こんないいい写真が撮れました。ありがとう」って喜ばれ、高木さんには嫌われたかも?しれないけど、大満足!!!



ワイポウア森林に行き

【森の神様】に会いに行った。


でっかいなんてもんじゃない!!!
樹齢2000年

【森の父】

【森の母】

【4姉妹】

3カ所を歩いてまわった。


自然のオーラを全身に浴び、
おいしい空気をいっぱい吸い、
森の神様から、たくさんのパワーを頂いた。


とてもとても有意義な一日だった。








No.656 [ 2008-09-04 ]

ニュージーランド 4日目

昨晩は、やっぱ眠れなかった・・・

ショーを終え、アドレナリンがMAXに流出していて、
なかなか眠れなかった。。。



今日は、西オークランドに観光
ワイナリーに行って、おいしいワインを堪能した。

13時過ぎには、ホテルに帰り、待望のショッピング


私は、何ヶ月も前から狙っていた 【ロエベのカバン】を一番に見にいった。


けど、免税店には夫と一緒だったので、ほんの少しだけそのかばんを一緒に見る事に躊躇した。

だって、ねぇ、それなりのお値段するわけでして・・・・・・(^_^;)


三越で下見していったので、値段もちゃんと覚えている。


ここ何ヶ月も欲しいと思いつつ、
三越で、そのカバンをさげた自分の姿を鏡で何分間か見つつ、
買おうかどうか悩んでいたかばん

\(◎o◎)/!

うひょぉ~~~~~~~~日本で買うより、7万円も安い!!!


ってなわけで、夫に横目で合図?して、(買ってもいいよね?合図)


勝手にOKサインをもらったことにして、すぐにゲット(^_^)v

7万も安いなら、買うしかないっしょ!!!


うはっ!!!


頑張ったご褒美だわい!!!



後、ネックレスを2つ、ピアス1つゲット
自分のためのお買い物は、以上


う~~~~~~~~~~、満足(*^_^*)





No.655 [ 2008-09-01 ]

ニュージーランド公演

司会者がショーの始まりのトークを始めました。

後援者である在オークランド領事館から代表のご挨拶

その後、大先生の英語のスピーチ



そして、太鼓の音と共にショーは始まりました。

和太鼓演奏者4名

やっぱいいねぇ~、太鼓の音

胸が高鳴る

なんか「ニッポン!」って感じがする

けど、その後に私の出番、あまり落ち着いて見てるわけにもいかない。

イメトレしないと。。。

太鼓が終わった。。。

映梨菜、川渕さん、とうとう出番だよ。
思いっきり楽しもうね。

3人で舞台の中心に立つ
振袖着付の始まりです!!!

私に与えられた10分間

ニュージーランドの人たちが不思議に思っている着付けを紹介するわけだが・・・




時計を見ながら着付けするわけではないので、
とにかく早くやらなければ・・・
という思いだけに集中しすぎた(^_^;)


練習の時は、いつも8分
いつも通りにやれば2分も余る
舞台ではそれなりに緊張するだろうから、きっと10分マックス使うであろう
と、予測をしていた・・・


なんとか着付けを終えてホッとしていたのだが・・・



夫に叱られた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











「5分で終わらせちまって」(>_<)




こちとら驚きすぎちゃって言葉が出んかったっす!

『ご・ご・ご~~~~~~~~~~~5分ですかぁ \(◎o◎)/

それって、ものすごいことじゃないですかぁ (◎o◎)/!

着物着せて、帯結びして、帯飾りいっぱいつけてーーーーーー

きっと、誰もがそうそうできないワザだと思うんですけどぉーーー

神業としか思えんのですがぁーーーーー

すっげっ \(◎o◎)/!

私って、すっげっ (^_^)v

ほんと、すっげっ(*^_^*)』

って、口には出さずに、一人心ん中で、踊っていた。


だって技術者じゃない夫に、5分でやっちまうことが、どんだけすごいことなのか、訴えたところでわかんないし・・・・・ (T_T)




映梨菜も、ほんとうに上手に、しかもかわいく歩いてくれた。
お姉ちゃんに歩き方教わって、練習した甲斐があった。


映梨菜の後、振袖モデルが9名、大振袖モデル2名、色打掛モデル1名、

そしてオオトリの白無垢姿の麻理奈姫 (*^_^*)

紋服モデルは、超ハンサムのアシュトン
ハンサム重要視で選んだだけあったわぁ~ (^_^)v



フィナーレは、技術者も全員 舞台を歩いた。


ものすごい、しかも永遠と続く拍手を浴びた。


大成功 !!!

やっぱし、案の定、大成功 !!!(^_^;)


さすがだわぁ、みんなすごい (^_^)v


大先生は、泣いていた。

私も、泣けた。



前日の、ぐたぐた状態のリハーサルからは、想像できないほどの結果をみんなが出してくれた。



魂が一瞬にして入るんだね。

気合いがMAXにでるんだね。

 
みんなほんとにすばらしい ・・・



ここに参加した先生達に、花嫁を作ってもらう人は、相当の幸せもんだよ・・・・・









No.654 [ 2008-09-01 ]

ニュージーランド 3日目

午前中ホテルで、私の着物用の頭をスタッフに作ってもらい、

私の振袖モデルである次女の映梨菜のメイクを出来る所までホテルでした。

【12時30分】ホテル出発

【13時】 会場入り

楽屋に入るなり、トランク3つを開けた。

麻理奈の打掛・掛下、映梨菜の振袖、安奈の振袖、紋服、大先生の着物、私の着物、スタッフ2名の着物

その後すぐにリハに入る。

昨日少ししておいたので、日本のモデルだけはスムーズに歩いてくれたが、現地モデルはやはり頭んなかこんがらがってるよう・・・

各パートの日本のモデルの代表を作り、彼女たちに待機中現地モデルに歩き方を教えてもらうことにした。

でないと、時間が無くなる。
どんどん時間を押してしまう。

あっという間に【16時】近くなった。


もう私が限界だった。
残り2時間で、モデル4名と大先生・私・スタッフ2名の着物を着なくてはいけないのだから・・・

【18時】にフィナーレのリハをすることをお願いし、全員モデル作りに入った。

全ての楽屋(4部屋)に顔を出して、ゲキを飛ばした。
11人の先生がた、みんなすごい顔していた。
必死になるといい顔になるんだね。
仕事師としての迫力ある顔になっていた。


私たちの楽屋では、
大先生が、麻理奈のメイクと着付

西村スタッフが、安奈の着付と紋服の着付と私の着付

川渕スタッフが、映梨菜と安奈のヘアと私のヘルプ

私はといえば、麻理奈のかつらの下地作り・映梨菜のメイクと着付・大先生のヘルプと着物を着せ・スタッフ2名の着付

死ぬかと思った(笑)
たったの2時間で・・・
あ~いう時って、自分以外の何者かの力が私の腕に宿るんだよね。
不思議と・・・

普段では、絶対あり得ない、出来っこないことが、出来てしまう。


【18時】 全員汗水流しながら、なんとか作った。

フィナーレのリハが、2回出来た。

どうにかこうにか。。。
なんとかなるぞ。。。
たぶん。。。
きっと。。。


【18時30分】 お客様会場入り

【19時】 ショースタート





No.653 [ 2008-09-01 ]

ニュージーランド 1,2日目

1日目は、飛行機の中で過ごす 10時間の旅

2日目、オークランドに着くと、現地スタッフの高木氏が待っていてくれた。

午前中にホテルに到着

ニュージィで一番いいホテルらしい 『スタンフォードプラザホテル』

早めの昼食を取り、ゆっくりする間もなく、着物に着替えた。

「在オークランド日本国総領事館」に ご挨拶に出かけるため


私たちが着くと、領事はわざわざ外で待っていて下さった。


とてもジェントルマンで、やさしい笑顔で出迎えてくださった。

25名、黄金に輝く菊のご紋が飾られた玄関をくぐった。

専属シェフが作って下さった、それはそれはおいしいケーキとおはぎとフルーツをごちそうになりながら、楽しい歓談

いっぱいいっぱい写真を撮った。

今回行かれた美容師はみんなオーナーなので、
領事と一緒に撮った写真は、みんなお店に飾ることになるだろう。

この企画大成功!!!

篠やん!
手配に苦労かけたね。
みんなものすごく喜んでくれてたよ。
だって、こんなすばらしい思い出ができたんだもん。




1時間ほど滞在した後、ショーの会場の下見に出かけた。

会場に入るなり、みんなが「ウォー」っと叫んだ。

なかなかいい会場じゃん!!!


案内してくださった館長さんが、「着物ショーは初めてなので、みんなが、とてもとても楽しみにしている」と言ってくれた。

その一言で、23名の心に火がついた。

なんか いいテンション
なんか いい空気

きっと大成功間違いないなと、私は密かに確信を得ていた。
その手応えが感じられた。


楽屋を見せてもらい、舞台にみんなで上がる。
「明日ここに立つんだね!!!いよいよなんだね!!!」


その後、夫が音楽と照明の現地スタッフ、そして司会者との打合せをした。

現地モデル11人も集まって、技術者と顔合わせ
一気にテンションMAXになる。


一度、通しで歩き方の練習をしましょうという事になり、


音楽を流しながらやってみた。


現地モデルは、着物を見た事も、もちろん着た事もない人
日本から行ったモデルに代表でしっかりと歩き方を覚えてもらった。

舞台の中心まで歩いて一回転して、その後前方まで歩いて一回転、上手(かみて)に歩いて一回転し、下手(しもて)に歩いて一回転、そのまま後部に歩いて一回転し、戻るという一連の歩き方なんだけど、現地モデルには難しいようで。。。


技術者の動き方も難しいようで。。。

音楽担当者も、初めて聞く日本の音楽

照明担当も、通訳を通して事を進めていくので、倍以上の時間がかかる。

夫は、声を張り上げて、2階客席上にある音響・照明ルームに希望を伝える

麻理奈も、何回も大きな舞台を経験しているだけに、意見を出していた。
お~、やるじゃん!!!
あなたしっかりしてるわねぇ~と、心の中で思っていた。




本番は明日なのにどうなるんだろう???
本当にやれるんだろうか???
と、誰しもが思っていた。

時間も迫り、もっともっと練習したいのに、みんな後ろ髪引かれる思いでホテルに帰る事になった。


明日の本番、少し不安を残す事になった。






168ページ中 37ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.