* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 59ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2006 年 10 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

2006 年 11 月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.547 [ 2006-11-07 ]

ありがたいよ。

驚異的な忙しさだった5日

その日、見学に来た人から電話が入った。

実は、今たくさんの人の面接をしているんだけど、いいかなぁ~と思う人には、婚礼日に見学に来てもらってるのね。

で、その人に「その日私はおりませんが、じっくりゆっくり見て下さっていいですから・・・」と伝えといたの。

で、次の日電話が入った。

「すばらしかったです。 ものすごく感動しました。 
スタッフのみなさんの動き、出来上がった作品、すべてに感動しました。
久しぶりに感動しました。
是非 働かせて下さい!」

とのこと。

あんな忙しい日に見学は、人によってはビビる。

出席者のヘアセットだけでも、何人こなしたのだろう。
出席者の着付けも何人こなしたのだろう。

それを見て「私には無理かも?」と思われてもしかたない日

けど、それでビビるような人はうちにはいらないし・・・

まあ、イチかバチかの見学日

で、吉と出た。

人を感動させる仕事が見せられるスタッフの集まりだってことに私はものすごくうれしく思った。

大先生の作品は、芸術的だし、それを間近に見られることはラッキーなこと

ラシェールってすごいな!って客観的に思う
特に5日は、私はよその人だったから・・・

あの日、主要なスタッフに「お疲れさんメール」した。

その後の返信メールが、
「先生! 私は今日一日でまた成長できたような気がします。
これもこんな機会を与えて下さった先生に感謝します。」

「先生もお疲れ様でした。 
衣浦のお仕事はめちゃくちゃ楽しかったです。
ラシェールで忙しく働いているスタッフには申し訳ないと思ったくらいとても楽しかったです。
なんとお料理までごちそうになりました。
花嫁のお友達に、私の時もやってもらいたいと言われました。
とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。」

「お疲れ様です。
今日は、とっても楽しいお仕事でした。
先生ありがとうございます。
反省点もたくさんありますが、貴重な体験ができました。
○○さんご夫妻にも感謝しています。
ありがとうございます。」

5日幸せを感じれたのは、私だけでなく、スタッフすべてがそう思っていたことに感慨を持つ・・・

私の自慢のスタッフ
私の宝物のスタッフ

そんなスタッフに囲まれて私はぜいたく者だ。

みんなありがとう・・・





No.546 [ 2006-11-06 ]

よし川

昨日の「ラシェール」は驚異的な忙しさでした。

知立で4件挙式
衣浦で1件挙式
名古屋で1件挙式

そのすべてに和装有り・・・(@_@)

そして、私は名古屋で超有名な「よし川」のフランス料理のレストランでの挙式を担当しました。

花嫁と出会ったのは7月
とても美人なかたで、美容師なら誰でも腕をふるいたくなるようなすてきなお嬢様でした。

8月に入ってすぐ、お電話が入りました。
「美容を担当してくれないか」とのこと。
私は、飛び上がるほど喜こびました。

そして11月5日挙式

会場のお庭はとてもすてきで、
レストランもとても落ち着いた色使いで、知的なお二人が選ぶにふさわしい会場でした。

式は、ウエディングドレス
その姿のなんと美しいこと・・・
ほんとうにお姫様でした。

宴が始まり、驚いたことに、なんと、私たちにもお料理を用意してくださり感激しました。

少し肌寒かったので、あったかいコーンスープはしあわせでした。
ステーキは、とてもやわらかく
デザートは、とてもかわいらしく
一緒に行った清水と何度、「幸せだね!」って言ったかしれません。

お色直しに着られた振袖
出来上がった花嫁を見て、1秒もおかずに
「かわいいねっ~、かわいいね~」と言ってくださった新郎様

それを喜んで聞いた花嫁が、
「酒井さんたちが、ものすごい早さで着付けしてくれてかわいくしてくれたのよ」とうれしいお言葉

私はいつものように照れ隠しで
「腕はいいですから・・・」と二の腕を2回たたきながら言う。

新郎にも花嫁にもウケた。
みんなで笑って、その部屋が「しあわせという気」でいっぱいになった。

宴も終わりに近づき、私たちはかたづけ仕事に精を出していた。
司会者さんが
「え~、ここで花嫁が本日、どうしてもお礼が言いたい方がいらっしゃるそうで、その方にブーケをお渡ししたいそうです。」

私・清水 『誰だろうね~。やっぱお母さんかなぁ?
さっきの幼なじみのお友達かもね~』

司会者「本日新郎新婦の美容のお支度をされた酒井寿美加さんです! どうぞこちらまでいらしてください!」

私・清水 『うっそ! え”っ? え”~?』ってあわてふためいたのは言うまでもありません。

花嫁がお礼のスピーチを言ってくださったのですが、覚えていません。(悲し~)

司会者 「では、酒井さんからも一言!」

私 「(来たぁ~)」

すてきなブーケをいただき、その上スピーチまでしてきました・・・

あ~、このお仕事も一生忘れられないステキなステキなお仕事となりました。

和己さん、潔枝さん本当にありがとうございました。
いつまでも、いつまでもお幸せに・・・

PS
11月5日は、最愛なる亡父のお誕生日です。
こんなすてきなお仕事に出会わせてくれてありがとう・・・





No.545 [ 2006-11-01 ]

頼もしいスタッフ

皆さんご承知の通り、私はこの1年 「ラシェール」にあまり行けなかった。

「ファースト」を軌道に乗せるため、ほとんどの日をファーストで過ごした。

それが可能だったのは、やっぱ「ラシェール」をスタッフに任せられたから・・・

私が、いくら「ファースト」をやりたかったとしても、スタッフが育っていなければできないこと

そして、また私には新しい仕事が舞い込んできたわけだけど、

これもやっぱ今だからできること
もう少し前にこの話があったら、「ファースト」と両方は無理だったかも知れない。

風が、とてもいい時期に、いい具合に私を後押ししてくれる。

ラシェールは、すばらしいスタッフに恵まれた。
特に「影山さん」は、よくぞここまで育ってくれた!と心の底から思っている。

彼女がいるから、私はファーストができた。
彼女がいるから、私はまた羽ばたける。

彼女が、私から与えられる仕事は並なもんじゃなかったもんね。

私が求めたもの 並なもんじゃなかったもんね。

本当にこれまで くじけずによくついてきてくれました。

彼女を筆頭に、みんなまとまっている。
団結力でラシェールを守ってくれている。

私は、また いなくなるけど、今まで以上に頼みますね。

私が、どれほどセントピアホテルを愛しているかあなたはよく知っていると思います。

セントピアホテルがオープンする前、ほんと大変だった。
オープンしてからも、めちゃくちゃ大変だった。
ただただ、坂本社長の顔に泥を塗るような仕事はしない!って気合いだけで走っていたあの頃

だから、もしかしたら私は、いえ きっと私は、
セントピアホテルの社員よりも、すごくすごくものすごくセントピアを愛している
きっと誰にも負けないであろう・・・

私の、汗と涙と笑いで築き上げてきたセントピア店のラシェールをあなたたちに託します。

心して受け止めてください。





No.544 [ 2006-10-30 ]

しあわせな夜更かし

昨晩12時過ぎ、寝ようとして寝室に行った。

そこへ、華子が来た。

次に映梨菜が来て、私と華子の隣に寝転がった。
ということは、私、華子、映梨菜。

次に夫が来て、私と華子の隣に寝転がった。
ということは、私、夫、華子、映梨菜。

次に太郎が来て、華子の隣に寝転がった。
ということは、私、夫、太郎、華子、映梨菜。

次に麻理奈が来て、18才にもなるし、そんな状況を見ても、すぐに自分の部屋に行くかな?と思いきや、夫の隣に寝転がった。
ということは、私、夫、麻理奈、太郎、華子、映梨菜。

みんなで川の字?になっておしゃべり
もう夜中の1時・・・

麻 「太郎のにおいが気になるぅ~(笑)」

私 「え~?全然気にならないけど~」

夫 「加齢臭かぁ~?(笑)」

映 「カレーの臭いならいいんじゃない~?」

夫、私、麻 「ブッ、アッ、ハッハ~」

夫 笑い転げて 「思ったとおりの答えが返ってきた~。 映梨ちゃん最高!!!」

映 「???何がおかしいの?(笑)」

私も笑い転げて 「私も絶対、映梨ちゃん、そう言うと思ったぁ~」

映 「???なんで~? カレーでしょ?(笑)」

麻里奈も笑い転げて 「ホント、うける~」(笑)

夜中1時過ぎてるというのに、酒井さんちは、みんなで寝転がって、お腹かかえて、大声で笑っていました。

家族6人?いや正確には 4人と犬1匹、猫1匹 みんな仲良しこよしです(^_^)v





No.543 [ 2006-10-30 ]

ちゅてきぃ~!(^^)!

半年ほど前に、私が担当した花嫁が遊びに来てくれました。

挙式の際のアルバムを持って・・・

寿美加さんにとって、これほどうれしいことはない

結婚式での私の仕事は裏方だから、裏方の私に式後わざわざ会いに来てくださるなんて、なかなか無いことなんです。

しかも彼女は、豊明から来てくれました。

前日に送ってくれたメールには、涙が出そうでした。

「明日4時におじゃましますね。
半年ぶりですね。 
なんだか恋人に会いに行くような気分で、ワクワクしています。
とっても楽しみです」

こんなうれしいメールはたまんないね。

彼女が重たい思いをして持ってきてくれたアルバムは、なんと6センチもの厚さのアルバムだった。(@_@)

写真を見ながら、あのときのことが走馬燈のように思い出された。
いい仕事だったなぁ~
なかなか、あんなすてきな会場行けないもん。

アルバムは、ほんとすてきだった。
カメラマンがいいのかな?
カメラマンの腕って大事だもんね。
「お宝もの」のアルバム

結局、3時間、店でおしゃべりしたよ。
楽しかったなぁ~。

私は、妻、嫁、主婦を彼女よりちょっとだけ?早く経験しているから、いろんな話を聞いてあげれるんだよね。

だから、3時間になっちゃった。

また 一人 妹ができた・・・・・。
こんなうれしいことはない。




168ページ中 59ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.