* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 75ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2006 年 4 月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
      

2006 年 5 月
 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.467 [ 2006-05-24 ]

驚いた!

休日開け、パソコン開いたら、た~くさんメールが届いていた。
驚いた!

たくさんの人が、日記見ててくれてるんだね。
ありがたいよ。

きょうは、ひたすら返事書いてたよ。

八勝館での披露宴を終えた由希絵さんからも来てた。
うれしいな~

「酒井さんにお願いしてよかった。
みんなにきれいだと言われました。
親友には、『あんまりきれいだから、思わず涙がでちゃった』と言われました。
本当に感謝してるのは、着付けの腕前!
あんなにバタバタ移動したのに、着崩れしていないし、苦しくない。
私は、ずっと白無垢でもよかったくらい楽でした。
おかげで、ずっと笑顔でいられました。
お色直しの本振りは、早くて、なのにすごくすてきで・・・。
入場したときの、母の顔がすごくうれしそうになったのが、ほんとうにうれしくて・・・。
酒井さんは、わたしにとって一番そばにいてほしい頼れるお姉さんでした。
酒井さんが、あまりにも細やかに動いてくださるので、カメラマンの一番上の役職の方と思われたゲストも多かったんですよ~」

あ~、うれしいコメント

司会者みなみさんからもメール
みなみさんは、「よし川」の婚礼でも一緒でした。
「八勝館」にて再会
驚いたなぁ~
お互いネットで探し当てられた者同士
「先生は、新郎新婦だけでなく、私たちスタッフにとっても心強い存在です。
なんと言っても、振袖の着付けを、あの時間で整えてしまうなんて神業ですよ~。
しかも着崩れ一切なし!」

あ~、これまたうれしいコメント

みなみさんのホームページです。
http://something-blue.jp/
みなみさんの日記にもどうぞ行って下さい。

おったまげたのは、メキシコからのメール
名古屋で披露宴するんだって。
その仕事の依頼。
すっご~、インターナショナルやんね。

以前もあったけど・・・

あといっぱい友達とお客様から送られてきた。

ありがたいね。





No.466 [ 2006-05-22 ]

これぞ日本の結婚式

名古屋の川名にある『川原神社』にて由希絵さんの結婚式が行われました。

朝6時半頃神社に到着

朝のすがすがしい空気がとても気持ちよかった。

ハトに 「おはよう!」って挨拶をし、送ってくれた夫とお参りした。

「酒井寿美加と申します。本日はこちらで結婚式のお仕事をさせていただくこととなりました。どうぞよろしくお願い致します。」

7時になり、お部屋に入り、振袖と、留袖2枚、紋服、白無垢の準備にとりかかる。
30分しかない。

7時半になり、由希絵さんご家族がお見えになった。
さっそく振袖の着付けに入り、由希絵さんのメークに入った。

お母様が、「こだわりがものすごくある子でねぇ~、式場も、披露宴会場もたくさん調べたんですよ。 司会者も、美容師さんもね。
で、一番ラッキーだったのは酒井さんに出会った事だって言ってましたよ」

その言葉に涙が出そうだった。

そんなふうに言ってくださる人に、私はただただ一生懸命、心を込めて、与えられた仕事を全うするだけ・・・

白無垢姿になった由希絵さんは、大和撫子
お上品で、清楚な花嫁、笑顔がかわいくて・・・

天気に恵まれたので、外に出て、たくさんたくさん写真を撮った。
神社にしっくり似合う由希絵さん
まさしく日本の花嫁

神社での結婚式は、なんともおごそか
生演奏の笛や琴の音色は心が洗われる

披露宴は、八事の 『八勝館』
昭和天皇がご宿泊されたところ
4000坪の敷地
すばらしいお庭で集合写真

お色直しは黒引き
会場の方に「何分くらいでできますか?」
『15分です』
「え?そんなに早いんですか?もっとゆっくりでいいですよ」

寿美加さんは、1分でも早く会場にかえしてあげたいのだが、お料理の関係なのかな?

あそうそ、ビックリしたのは、司会者さん!
先日の「よし川」でも一緒だった。

この司会者さんも、私と同様、由希絵さんがネットで探し当てた人

ご縁があったのですね。

披露宴が終わると、お庭で写真撮り
それはそれはたくさんの素敵な場所があるから、どこで立っても絵になる由希絵さん

写真が出来上がるのが楽しみだ

由希絵さんのお陰で、こんな素晴らしい会場でお仕事ができた。
ありがたくて、幸せで、ついてる。

由希絵さん、オクムラさんに撮ってもらった写真いつか見せて下さいね。

楽しみに楽しみに待っています・・・。









No.465 [ 2006-05-21 ]

涙・涙の結婚式

昨日、朝3時に起きて岡崎まで出張

雨が降っていた。

予定より30分早く花嫁宅に着く。

花嫁が外まで出て迎えてくれた。

お母様にご挨拶をし、早速仕事に取りかかる。

花嫁の友人の振り袖着付、お母様の留袖着付、花嫁の色打掛着付。

花嫁のメーク中、雨がひどく降っていた。
私は、内心「なぜ雨なの?」と神様に伝えた。

着付けに入り、少し経つとお母様が、「愛ちゃん!見てぇ!青空だよ」と襖を勢いよく開けた。

私と愛ちゃんは、同時に窓の方をを振り返った。
「わ~!すご~い!晴れてるぅ~」と、二人で叫んだ。

新郎様が到着した。
「愛ちゃん!すごいよ。青空だよ!」って、少しばかり興奮気味の新郎様

色打掛と角かくし姿の花嫁を見て新郎様が言う。
「俺、みんなにすいません。すいません。って挨拶せんといかん」
『なんで?』
「だってこんな愛ちゃんと一緒になるんだもん」(自分のような人間がこんなにもきれいな愛ちゃんをもらうという意)

183センチの新郎様は、紋服がとても似合った。
お似合いの二人

たくさんのご近所の方が見に来られていた。
「愛ちゃん!ものすごいきれいだよ!おめでとう!」って、どれほどたくさん言われただろう。

私までもしあわせな気分になる。

「お兄さん!本当に愛ちゃんきれいですね。」
『はい!すっごいきれいです。』
「あ~、うれしい、お兄さんにそうやって言ってもらえると私までうれしいです。」

1時間ほどかけて式場に着いた。

すぐにウエディングドレスに着替える。
やはり、お人形のようにきれい・・・

式場のスタッフが、
「どうやらお庭に出れそうです。フラワーシャワーができますよ。もう一組前の方たちはできませんでしたから・・・」

なんてラッキーなんでしょう。

また新郎様が感激する。
「きょうは神がかりだ。」

人前式が終わり、ガーデンで写真撮り、その後ヘアチェンジして、披露宴入場

最初のお色直しは、色打掛
相変わらず寿美加さんとスタッフの仕事は早すぎた。
会場に行くと、係りの人が驚いて
「もうできちゃったんですかぁ?」と、目を丸くしていた。

それを聞いた新郎様が、「ほんとすごいですね、やっぱ寿美加さん、すごいっす。」

最後にカラードレス
出来上がった花嫁を見た新郎様
「寿美加さん!やばいっす。すごい!ほんとすごい!ほんといいんですかねぇ~、俺で」
『でしょ~?めちゃくちゃかわいいよね~。さいっこう(最高)よねぇ~。相馬さんもめちゃくちゃかっこいいよ~。』
「ほんとうっすかぁ? 寿美加さん、会場の中入ってくださいね」

会場に入ると、一気にオレンジジュースを飲んだ。

スポットライトを浴びて、お二人が入場する。
あ~!たまらん!

私たちのテーブルに来られると、
「寿美加さん、ほんとうにありがとう。」と、満面の笑顔の二人

司会者が、「今日お二人の美容のお支度をされた酒井寿美加さんに、花嫁から花束の贈呈です!」

「え”~、うそ~」
『寿美加さん、ありがとう、僕たちこれからももっともっとしあわせになって、またお店に行きますんでこれからもよろしくお願いします。』
「寿美加さん、ほんとうにいろいろありがとう」

三人で泣いた。
私は愛ちゃんに抱きついて泣いた。
新郎様と熱い握手をかわした。

花束をいただけるなんて、こんな演出があるなんて、感動しちゃうよ。

あ~、たまらんね。
こんな二人に出会えたこと
こんなすごい仕事に出会えたこと
あ~、たまらん。

新郎様の最後の挨拶
最高だった。
すばらしいスピーチだった。
「愛ちゃんを幸せにするのは俺だ!ってず~っといきがっていました。
俺一人で愛ちゃんを幸せにするんだ!それはお母さん(義母)を幸せにしてあげれることなんだって思っていました。
けど、それは違っていました。
今日という日をたくさんのいろんな人の力を借りて、こんなにすばらしい、たぶん僕が初めて味わった感動を、みなさんが与えてくれて。
しあわせになれるんだ!って。
いろんな人に感謝しなければいけないと知りました。
ほんとうに感謝のみです。」

いい式だった。

たぶん一生忘れることはないであろう・・・

PS
私が初めて心の底から「ファーストウエディングカリヤ」に感謝した日
大事な日となった
ファーストがなければ出会っていなかった二人
ありがとう
ありがとう
ついてるね
私の人生・・・・・









No.464 [ 2006-05-19 ]

前撮り 大成功

昨日、朝10時半に 「安城グランドティアラ」に到着

お部屋に通してもらい、色打掛の衿とじをする。

そこへ新婦のお母様がおみえになった。
「すみませんね~。いろいろご無理な事を頼んだようで・・・」

『いえいえとんでもございません。 お嬢様のような美しいかたのお支度をさせていただけるだけでありがたいと思っています」

11時 新郎・新婦がおみえになった。
二人ともニコニコすばらしい笑顔で入って来られた。
私もうれし~

すぐに、色打掛のお支度をする

12時 写真室にて撮影
カメラマンがとてもいい方だったので、みんなリラックスして撮影に臨めた。

花嫁はなんて美しいのでしょう。
鈴木杏樹にそっくりの花嫁は、かつらがとても似合って、角かくしをつけた姿は、「これぞ日本の花嫁」・・・という風格さえでていた。

お母様が、ものすごく喜んでくださった。
あまりにも喜んで下さるので、私も、よりハイテンションになり、初対面のカメラマンにさえも冗談を言ってしまった。

うちのスタッフが驚いたのは、
カメラマンが私に 「次はドレスですが、ポラロイド撮っておいたほうがいいですか?」

私 『???????』

カメラマン 「どんなふうにヘアとか作ったか当日わかるように・・・」

私 『あ~、いいです。腕いいですから・・・(笑)』と二の腕を叩いた。

カメラマンに笑われた。
けど、それから仲良くなって?いろいろ写真のリクエストまでできるようになった。

新郎様 「寿美加さんがいてくれてよかった。 僕らじゃリクエストなんて言えないもん」

私 「 (^_^)v 」

この新郎様もまたカッコイイ
身長183?
新庄の髪型がとっても似合っている
ナイスガイって感じ

13時半 ウエディングドレス撮影
あ~、なんて美しいのでしょう・・・
うちのスタッフが鳥肌を立てていた。

ドレスは、ファーストのドレス。
「光り物をつけて欲しい」という花嫁のリクエストにお答えして、寿美加さんがスパンコールとビーズを縫いつけた。
肩こりもなんのその、彼女に喜んでもらいたくて、これでもか~って感じで縫いつけた。

彼女の為に作ったドレスは、彼女の個性にぴったりあって、とてもすてきだった。

新郎様 「まるでお人形さんみたいだね」

その一言は、私までもしあわせな気分にさせてくれた。

3時 カクテルドレス撮影
めちゃくちゃかわいい~

このドレスは、もちろんファーストのだが、フルオーダードレス
彼女は雑誌から選んだドレス写真をたくさん切り抜いてきてくれて、
「正面の上半身はこれ、下半身はこれ、後ろ姿の上半身はこれ、下半身はこんなふう。
ここにお花をつけて、ここに光り物をつけて、ここはレースで、背中は紐で結ぶタイプで、色はこれ・・・etc

と、何枚もの切り抜きを足して、しかも彼女の希望も足して、出来上がったドレス

世界で一着
しかもすべて自分の希望通り

こんなことファーストにしかできません!

そんなふうに出来上がったドレスを着て、満面の笑顔の彼女
新郎様も驚いていた。
「ほんとうにできちゃったんですね。希望通りに。すっげ~なぁ」

16時半撮影終了

みなさん、ものすご~く喜んでくれた。
私も楽しかった。

当日がとっても楽しみ

「寿美加さんも、手が空いたら、披露宴会場に入って下さいね。ちゃんと席ありますから・・・」

うれしかったなぁ~

「寿美加さん、僕今からお店まで送りますよ。乗ってってください」

ありがたかったなぁ~

二人ともとってもいい人たちで、とってもお似合いで、美男美女

あ~、私はしあわせだ
こんな出会いを与えてもらって・・・

本番もがんばるぞ~
ハンカチも用意しとくぞ~





No.463 [ 2006-05-17 ]

京都

京都に行ってきました。
母と一緒に・・・

お互い忙しくて、ここんところ会っていませんでした。

京都までの道中、ただひたすらお互い、最近の出来事で話がはずみ、ず~っとしゃべりっぱなし。

最初に着いたのは、『南禅寺』

やっぱ京都ですねぇ~。
外人さんが、とても多い。

緑に囲まれて歩く道中、なんともしあわせな気持ちになりました。
たまにはいいな~、こんな日があって。
私のラッキー場所は、神社・寺巡りなんですよ。
だからなのか、ものすごく居心地がいい。

南禅寺のお庭は、「枯山水の美しさ」で有名で、「名勝指定庭園」にもなっているところです。

そんなお庭を眺めていると、心が落ち着き、豊かになり、毎日せわしなく?生きている私には、ほんとうに至福の時間でした。

お昼は、すぐ近くにある「順正」という料亭で懐石料理をいただきました。
お庭のすばらしいこと
お料理のおいしいこと
あ~、しあわせ

その後、二年坂、三年坂を歩き、清水寺へ

二年坂はおみやげやさん通りで、これまた楽しかった。
舞妓さん体験をしている人も多かった。
是非、是非、娘達にやらせたいな。
「舞妓変身スタジオ四季」ってとこで。
一人16.000円

楽しかった。
リフレッシュした感じ。
こんなに近いのに、なかなか行けないもんですね。

明日からは、超・超・超ハードだぞ~

がんばれ!寿美加!




南禅寺

舞妓体験の外人さん

平日だというのににぎわいの清水寺


168ページ中 75ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.