* キャンペーン情報 * 求人情報
  * お客様ご紹介 * スタッフ紹介
  * 店舗のご案内
* 会社案内
  * 出張ヘアメイク * リンク集
  * プレゼント * お問い合せ

ホーム ブライダル ビューティー エステ レンタル Hot News
店長の日記 “Sumika's Diary” 日記のご感想やご意見などお待ちしております。

168ページ中 79ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫


2006 年 3 月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

2006 年 4 月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
      

ページ移動:
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63, 64, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73, 74, 75, 76, 77, 78, 79, 80, 81, 82, 83, 84, 85, 86, 87, 88, 89, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106, 107, 108, 109, 110, 111, 112, 113, 114, 115, 116, 117, 118, 119, 120, 121, 122, 123, 124, 125, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 133, 134, 135, 136, 137, 138, 139, 140, 141, 142, 143, 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151, 152, 153, 154, 155, 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162, 163, 164, 165, 166, 167, 168,
画像をクリックすると大きな画像が別windowsで表示されます。


No.447 [ 2006-04-07 ]

気づかないしあわせ

昨日家に帰ると、2階の長女の部屋の電気がついていた。

家に入って居間に行って 「ただいま~」といつものように言う。

いつもなら、ごろ~んと、のほほ~んと、長女が横たわっていて、
ニコッって笑って『おかえり~』って返ってくる。

それがきょうはなかった。

そして気づいた。

私の元気なただいま~、疲れたただいま~、
どんな「ただいま~」でも、長女はニコッて笑って『おかえり~』って言ってくれる。
それが、どれほどありがたいものなのかを。

「まあちゃん、ママがお家に帰ってきたときに、やっぱまあちゃんが、ごろ~んってしていないとママは寂しいよ。
2階でなにしてたの?」

『勉強してたんだよ』

「そっか~、勉強かぁ、勉強ならママも我慢するよ」

長女のまったり感は、私のせわしない生き方には、とても必要なものなんだ。





No.446 [ 2006-04-07 ]

うれし~

今朝ファーストに宅急便が届いた。

3月4日に挙式されたお嫁さんからだった。

箱の中には、新婚旅行のおみやげと、お家で一緒に撮った写真と、お手紙が入っていた。

うれしかったなぁ~。(*^_^*)

「先生にきれいに着付けをして頂いて感謝しています。
先生がそばに居てくれて心強かったです。 etc・・・・」

なんてうれしい文章でしょう。

どんなに大変なお仕事でも(本人はそれほど大変だとは思っていないが・・・)、こんな風に思って頂けると、やりがいがあります。
充実感があります。

人に喜ばれるということは、こんなにも幸せ感を味わえるのだろうか。

私は、自分が選んだ道を通して、人様に喜んで頂く。
それを使命として、生きていけばいいんだよね。
それはとてもラッキーなこと。
自分が選んだ道が、人様に喜んでもらえる・・・だなんて。

今朝、夫に 「あなたはいつも何を勉強しているのですか?
実践が全然伴っていないじゃないですか~」と、言われたばっかりだよ。(^_^;)

私の欠点・・・心配症(-_-;)
しゃ~ないじゃん、持って生まれた性格なんだもん。どの占いでも心配性って書いてあるんだから・・・とはもう言わないよ。

ただ、一つだけ
「私が心配性だから、あなたの強さが引き立つのよ。」


お嫁さんの話から、えらいとこに行ってまった~。

おみやげは、私の大好きなお菓子だった。
私、彼女に言ったっけ~?





No.445 [ 2006-04-05 ]

繋がっている???

これは信じてくれなくてもいい話です。
きっと鼻で笑っちゃう話です。
私ひとりで、遊んでいる話ですから。
私が楽しんでやってるだけの話ですから。
信じなくてもいいです。

明日は、入学式。
で、着付けのお仕事が早朝入っています。

3月も卒業式や婚礼のお仕事で、早朝!ってのが多かったのですが、
「明日は早いぞ」って日の 『寿美加流おまじない?』 があるんです。
寝坊が絶対許されない日の前日の夜、すること

私も最初は、特別信じてはいませんでした。
今でもまだ本当は、偶然よね。って気持ちもあります。

次の日の朝早く起きなければいけない日の夜
ベットに入った際、独り言を言っています。

「守護霊さま、パパ、おじいちゃん、おばあちゃん、お義父さん、いつも守ってくれてありがとうございます。きょうもしあわせな日をおくる事ができました。ありがとう。
明日は、○時に起こして下さい。よろしくお願いします」

です。

そうすると、目覚ましが鳴る2分前に何故か目が覚めます。
何故か。

何回も実験しました。
不思議です。
目覚ましの音で、ビックリして起きることがないのです。
とてもおだやかに起きれるのです。

そうです。起こしてもらっているのです。

「いつも守ってくれてありがとう」ってお礼を言っていると、向こうの人たちはどうやら、『そんなにお礼を言ってくれて喜んでくれるのなら、しゃ~ないなぁ、起こしてやるか!」ってな感じなんでしょうか?

私には、いろんな人がそばにいてくれる。守ってくれている。
と、なんとなく実感出来る四次元的な出来事です。

当然ではありますが、「起こしてくれてありがとう」と言って起きあがっています。

信じなくてもいいですよ。
これは寿美加さんの「信じなくてもいいですよ!シリーズ第1弾」のお話でした。
一人さんの信じなくてもいいですよシリーズのまねっこしてみました。

おっと、おまじないの話は、寿美加さんだけのお話ですが・・・





No.444 [ 2006-04-03 ]

やっぱり泣いてまったよ~

3月31日の日記に書きましたが、作日は私の大切な友人のお嬢さんの結婚式でした。

あいにくの雨でしたね。
しかも雷が何回も鳴った。
雷かみなり=神なり=神のおな~り~
って話をしました。

お家でお支度して、ものすごいたくさんの人が見に来てて、お仏前参りしたら、花嫁は父上と母上にご挨拶をしていた。

あ~、いつか私にもこんな日がやってくるのか?

初めて行った式場は、担当者が親切にして下さった。
ありがたい。
よそ者は嫌われるから・・・

ブーケを担当した、彼女のお花の先生に、『なかなか見る機会がないのでここにいてもいいですか?』 と遠慮がちに聞かれた。

「どうぞどうぞ。その代わり私が鬼と化するのでビックリしないで下さいね」と、冗談?本気?を笑いで答えた。

初対面なのにすっかりうち解けて、仲良しになった。
きっとこれからもお付き合いしていく事になるだろう。

セントピアでするお仕事とは違い、私と助手で、新郎・新婦のお支度をしなければいけない。
しかも時間との戦い。

けど、その何とも言えない空気は、やっぱ楽しい。

カメラマンも親切にして下さった。
ありがたい。

洋装に衣裳替えした際、「先生も中に入って下さい」と言ってくれ、遠慮せず披露宴会場に入った。

彼女のお父さん=友人の旦那様が、椅子を用意してくれてた。
ビールで乾杯した。
友人の幸せな笑顔がまぶしかった。
友人の母が、「寿美ちゃん、ほんとありがとね。あんたもりっぱになったね~。ママも安心だね~。」って言ってくれた。
また、ビールで乾杯した。

友人の次女が、「私お姉ちゃんがいなくなったらやっていけない。なんでもお姉ちゃんに相談していたから」と泣いた。

『大丈夫よ、遠いところにおよめに行くのではないんだから。しかも○○ちゃんは、毎日帰ってくるって~』と言うと、
「ありえますね。」とにっこり。
またビールで乾杯した。

私は仕事中だぞ~、しかももう1回お色直しがあるんだぞ~。
って心の中でつぶやいた。
けど、それはつぶやいただけで、ついで下さったビールはこの上なくおいしくいただいた。

両親へのお手紙・花束贈呈を見てやっぱ泣いた。
素晴らしい文章だった。
友人の子育ては、大成功。

帰りの車の中、
「寿美加ぁ~あんた、こんなこと毎週やってるわけ~?」
『うん、そうだよ』
「ひゃ~、すごいね、あたしはこんなこと毎週続いたら死んでまうよ。」
『あはは、私もいつも死んでるよ』

家に帰って、娘達にきょうの花嫁の話をした。
「まりえりちゃん、お願いだからそんなに早くお嫁に行かないでね」って伝えた。

きょうは最高に幸せな日だった。

一緒に行ったスタッフが、感動と感謝の言葉を何回も何回も言ってくれた。
「先生!連れてきてくださってありがとうございました。ほんといい勉強になりました。私はいっぱい課題が見つかりました。感謝しています。」と。

よかった、ほんとうによかった。
全てよかった。
大成功~。





No.443 [ 2006-03-31 ]

親子会話

次女が、中学3年生になる。
で、新しく靴を買ってきて欲しい!と頼まれたので、通学用スニーカーを買ってきた。

次女は、花形スポーツ選手なので???足がやたらデカい。
デカいなんてもんじゃない。
かわいそう。

そんな靴を見て、夫が
「その靴、パパにちょうどいい(サイズ)んじゃないかぁ?」と言って履こうとした。
そしたら、次女が
『きゃぁ~やめて~』と、血相変えて夫の手から靴を奪った。

笑えた、ものすごく笑った。

「あのね~、新品はまず自分が一番に履きたいよねぇ~、しかもえりちゃんはA型ですよ、パパ」と、私は教えておいた。

そしたら、なんと長女が
「麻理奈もA型だけど、パパのこと大好きだから、そんなことは言わんよ」だとさ。

きゃぁ~
夫よ、あなたはなんてしあわせもんなんじゃ。

あと1ヶ月で18才になる娘に、面と向かって『大好き!』と言われちゃったよ。

夫は、口には出さないが、きっとうれしかったに違いない。

子供のいないところで聞いてやろ~
「うれしかった?」って。
でも、答えは知っている。いつも同じだから。

うれしかった!なんて絶対言わない。
それどころか、鼻で笑って 「そんなの当たり前だ」って一言言うだけ。

それでも聞いてやる~ぅ。




168ページ中 79ページ目を表示 (記事合計:837) ≪前のページ次のページ≫



 Copyright © 2006 LACHERE.Inc. All Rights Reserved.